Pivot(ピボット) の使い方とおすすめインジケーター

Pivot(ピボット) は前日終値、前日高値、前日安値から算出するテクニカル分析法です。先行指標としてデイトレーダーに人気で、エントリー目安やイグジット目安に使用されます。

ピボットの計算式はシンプルで、Pivot Pointは(前日高値+前日安値+前日終値)÷3です。
ピボットには上記ピボットポイントのほかに、S1~S3(サポート1~3)、R1~R3(レジスタンス1~3)があり、一般的なインジケーターは合計7本のラインをチャートに表示しています。

Pivot(ピボット) のトレード戦略(手法)

ピボットを使用したシンプルなトレード戦略(手法)としては、以下の3タイプになります。順張り・逆張り・レンジ。

順張り【上昇トレンドの場合】

ピボットの買いエントリータイミング

ピボット7本ラインを利用したブレイク狙いの買いか、戻しを待ってエントリーするプルバック狙いが一般的です。利益確定目安は次のライン、もしくはボラティリティが高ければ2本上ラインなど。

順張り【下降トレンドの場合】

売りエントリータイミング

売りも買いの場合と同じで、ブレイク狙いかプルバック狙いのエントリーが一般的です。

【レンジの場合】

レンジ相場のエントリーと決済ポイント

ピボットを使用したレンジの基本は、価格より上にあるレジスタンスラインと価格より下にあるサポートラインを目安にしますが、意識されやすいのは波形の高値と安値です。レンジ値幅を考え、波形とピボットを組み合わせたトレード手法がおすすめです。

【逆張りの場合】

逆張りの場合は、相場の勢いを見極めながらラインブレイク後の戻りを狙う方が負けを減らせます。相場に勢いがあるときは損失につながるため、フィボナッチ・エクステンションなどと組み合わせると勝率は上がります。

Pivot(ピボット) のおすすめインジケーター

Torekuma
sdx-tzpivots.mq4(動画あり)【ピボットMT4インジケーター①】

ピボットインジケーターの多くは過去履歴を残す使用になっていますが、SDX-TzPivots.mq4は当日に必要な情報だけしか表示しない仕様になっています。機能も充実していて、パラメーターで細かく設定できます。

ピボットおすすめインジケーター

ピボット以外に前日の高値や安値、自動フィボナッチなども表示可能です。ON・OFFが自由に設定できますので使い勝手は良いです。

sdx-tzpivots.mq4のダウンロードはこちら→

Torekuma
PivotDaily.mq4【ピボットMT4インジケーター②】
PivotDaily.mq4

過去のピボットも確認したい方はこちらがおすすめ。

[wpdm_package id=’1118′]
Torekuma
Pivots_Weekly.mq4【ピボットMT4インジケーター③】

シンプルで使いやすいウィークリーピボット

[wpdm_package id=’1122′]
Torekuma
Pivots_Weekly.mq4【ピボットMT4インジケーター④】

フィボナッチピボットのインジケーター

Fibo_Pivot_Lines_GMT.mq4のダウンロードはこちら→

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA