移動平均線の乖離【サイン表示+pips表示】MT4インジケーター【逆張りや決済にも】

移動平均線の乖離をメイン画面にpips表示して、設定したpipsに達したらサインを表示するMT4インジケーターを紹介。上位足順張り方向で下位足逆張りとして乖離を利用したり、逆張りサインや決済にも使える高機能ツール。

移動平均線の乖離をpips表示するMT4インジケーター

【チャートメイン画面 右上】
① スプレッド表示。
② MA1に設定した移動平均線とローソク足のリアルタイム乖離をpips表示。
③ MA2に設定した移動平均線とローソク足のリアルタイム乖離をpips表示

【ローソク足の上に表示されるサイン】
星サイン① MA1からローソク足が○○pips乖離したらサインとアラート表示。
星サイン② MA2からローソク足が○○pips乖離したらサインとアラート表示。

【例】
SMA(もしくはEMA)期間20からローソク足が10pips乖離したらサインを表示させるなど自由に設定可能。

移動平均線の乖離(pips表示)インジケーターのパラメーター説明

【MA1設定】

MA期間=自由に設定可能
MA1表示移動=自由に設定可能
MA1種別=Simple,Exponential,Smoothed,Linear Weightedの4種類
MA1適用価格=7種類選択可能
MA1乖離pips=星サインを表示する値(pips)を入力。移動平均線とローソク足の乖離が何pipsになったらサインとアラートを表示するのか。
MA1サインの色=自由に設定可能
MA1サインの大きさ=自由に設定可能

MA2も上記MA1と同じなので省略。

●上画像のパラーメーターを説明
MA1の設定は、
SMAの期間が20で、ローソク足と移動平均線の乖離が10pipsになったら赤色の星サインを表示。

MA2の設定は、
SMAの期間が240で、ローソク足と移動平均線の乖離が25pipsになったら青色の星サインを表示。

現在配布停止中

移動平均線の乖離を利用したトレード

移動平均線との乖離を統計から最適なロジックを導き、リミット・ストップを設定して逆張りトレードしたり、決済時の利益確定目安など使い方は色々考えられます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA